JP | ENfacebook

Report

London Report

世界中で記録的な猛暑が続く中、日本の暑さとは比べ物にならないレベルとはいえ、ロンドンでも雨がほとんど降らず30度を超える記録的な暑さが続いている。くれぐれも体調管理にきをつけて、なんとか無事一夏をこえたいところです。さてさて、今回もロンドンからホットなレポートをお届けします。

Prg-1

9月23日までファションアンドテキスタイルミュージアムで行われている『A Life in Pattern』
は、UKとアイルランドを代表するデザイナー、オーラ・カイリーにとって初の展覧会。彼女のスタイリッシュなグラフィックパターンは、革新的で影響力があり即座に認識することができ、世界的規模でオーディエンスをとりこにしている。今回のエキシビジョンでは、彼女の生い立ちから最新のコレクションまで、様々な角度からディープにデコレーションの魅力が探求できる。展示物には150以上にも及ぶパターンやプロダクツ、写真家やフィルムダイレクターなどとのコラボレーション作品、デザインの立ち上げから商品化されるまでの工程が映像とともに細かくディスプレイされている。更に、アレクサ・チャンやキーラ・ナイトレイにも愛用されている既製服ラインや、カラーコーディネートされて並んだ鞄のディスプレイ、展覧会のために特別制作された巨大な9点のガーメントは、「モッズ」や「フラワーチャイルド」からインスピレーションを受けた遊び心満載の作品で圧巻。

ロンドンPart-1

Prg-2

Temple of Hackneyはロンドン初のビーガンチキンショップ。Temple of Seitanとして屋台から始め、今年の3月にTemple of Camden、5月にはTemple Goodsを次々とオープンし急成長中のフードビジネス。そもそも菜食主義と鶏肉という結びつかない言葉が並び思わず首を傾げてしまうかもしれないが、このお店では、小麦グルテンで作られた肉そっくりの素材(セイタン)をビーガンチキンと呼び、見た目も味も本物に負けない上出来のビーガンチキンをファーストフードスタイルで提供するお店。一見どこにでもあるチキンショップと見分けがつかないような外観の店内はシンプルで、座席はなく、お酒の販売もなし、賑やかで明るく、響き渡る音楽と美味しそうな揚げ物の香りが漂う。メニューには様々な方法で提供されるセイタン、グルテンフリーの大豆ナゲット、ビーガンのサイドなどがあり、ここで使われるバター(衣)はとても軽く絶妙な塩加減でいくらでも食べてしまいそう。ビーガンでもそうでない人にも大好評。

ロンドンPart-2

Prg-3

数多くの有名なギャラリーが軒を連ねるアートのホットスポット、バーモンジーストリートにあるLondon Glassblowingは、ギャラリーとスタジオが一体となったガラス工房。1976年にピーター・レイトンが創業したこの工房は、ヨーロッパ初のホットグラススタジオで、ヨーロッパをリードするガラス工芸は、独特な色使いと形状と質感が特徴的。独創的な作品から機能的な作品まで、吹きガラスで制作された一品一品全てがオリジナル。ギャラリー/スタジオには誰でも気軽に入ることができ、1100度の窯の熱を感じながら、古来から伝わる工芸の技を目の前で見学することができる。不定期的だが土曜日には高度な資格を持ったガラスアーティストから基礎を学ぶことができる1日集中コースも開催され、9:30~5:30までの6人限定クラスでは、アーティストのデモンストレーションを交え、形成、質感、色、パターンと吹きガラスの工程から4つの作品を制作でき、こちらは要予約で来年の5月まで予約が取れないほどの人気。

ロンドンPart-3

Prg-4

B Street Deliは、食のエキスパートがイギリスやヨーロッパ各地からクオリティーの高い食材を厳選して、最高のサンドイッチとプラターズを提供するデリカテッセン。極上の美味しい食材がぎっしり詰まったこのお店では、選り抜きのシャルキュトリやチーズ、アンティパストやパン、そしてコーヒーからワインまで、朝食からランチ、グラスワインとともに夜のメニューも楽しめる。ラスティックで温かみのある照明に包まれた店内には、バースタイルの素朴なブナの木のカウンター席が並び、デリカウンターにはオリーブやイタリアのGuidetti産やスペインのBellota産の肉やサラミ、ハムやパテ。熟成したブリーや受賞歴のあるグリュイエールや山羊のチーズ、パンやケーキ類は近隣のベーカリーから仕入れているのだとか。行列ができ活気溢れるランチタイムとは一変して、夜は照明を落として良質のワインやシャンパン、コニャックを傾けながらアンティパストやプラターズが楽しめる。

ロンドンPart-4

サービス紹介はこちら管理プロパティ一覧はこちら