JP | ENfacebook

ニュース&トピックス

Milano Report

8月も暑さ吹き飛ばす活気に溢れるミラノ便りをお届けします!

待望のアップルストア!ミラノに堂々オープン!

場所探しに10年、プロジェクトに4年、建設に1年を掛けたという、壮大なプロジェクトがとうとう完成、2018年7月26日午後5時、待望のアップルストア直営店がミラノにオープンした。場所はドゥオモ広場に面する目抜き通りから1本入った「リバティ広場」。ミラノのど真ん中でありながら、長年スペースを持て余していた広場だ。地上から地下のストアは一切見えず、周囲の景観を邪魔しない8mのガラス張りの塔がスッキリとそびえ立ち、噴水と屋外劇場が寄り添う見事な建築。設計は、ステファン・ベーリング。昨年完成したアップル本社新社屋「Apple Park」の設計にジョブズ自らが指名したノーマン・フォスター率いる「フォスター・アンド・パートナーズ」のプロジェクトリーダーの1人だ。「イタリアの広場には噴水がつきものだ!」とベーリングはリバティ広場に噴水を、ガラスの塔の反対側には屋外劇場を設置。実はストアとなった広場の地下階が映画館だったことから、この屋外劇場でもガラスの塔にスクリーンを張り映画鑑賞もできるようにした!また、屋外劇場、屋内の床や壁全面に使用されたのはイタリア「ベオラ社」 の大理石で、すぐ隣のドゥオモ(大聖堂)と同じロンバルディア州のグレーの大理石を使用するなど、随所にイタリアへ敬意を払ったにくい演出。ストア内には、ジョブズが「最も美しいアート」と賞讃した大きなグリーンが置かれ、定番のテーブルには、アップル・パークにも数千脚納品された深澤直人デザインの椅子、「HIROSHIMA」(広島・マルニ木工)のスツール版が使用され日本人として嬉しい限り!この秋にはスターバックスもオープン予定、アメリカの風が一気にミラノに吹き込む年となりそうだ。

ミラノPart-1

Apple Piazza Liberty
https://www.apple.com/it/retail/piazzaliberty/
Piazza Liberty, 1 Milano
営業時間:10:00〜21:00 無休

ミラノが一望!プラダ財団の 「トーレ(塔)」が大人気。

2015年にオープンしたプラダ財団のアート複合施設は、今やミラノを訪れる人のマストスポットだが、当初から完成が待ち望まれていた最後の建設「トーレ(塔)」がこの春ようやく完成し、国内外の多くのアートファンの間で話題を呼んでいる。このタワーの設計も、ミウッチャ・プラダと20年以上コラボレーションを続ける建築事務所OMA代表のレム・コールハースが担当。「トーレ(塔)」という名の通り、9階建ての細長い建物は、上の階へ上がるにつれ天井高が高くなったり、展示スペースの壁が斜めだったり、また工業用のような大きなエレベーターのボタンは、一つ一つが大きな円柱の立体型ボタンだったり、トイレは扉の取っ手が市松模様に隠れていたり、とにかく遊び心満載だ。「トーレ」の展示、 「ATLAS」 は常設で、既に他の建物内で展示してあった作品と新たな作品が混じっている。真っ暗闇の通路を抜けると、突如、天井からグルグル回るキノコが現れ、テーマパーク的な楽しさもある。一通り楽しんだら、6階にあるバールで一杯楽しむのが最高だ。このテラスからは、左からサッカースタジアム、トレ・トーリ(3本の高層タワー:現在3本目を建設中)、トーレ・ベラスカ、ドゥオモ、イゾラ地区、とミラノが一望できる素晴らしい眺望だ。隣接するレストラン「TORRE」 からも、天井まであるガラス越しに眺望が楽しめる。

ミラノPart-2

TORRE ATLAS
http://www.fondazioneprada.org/torre/?lang=en
http://www.fondazioneprada.org/project/atlas/?lang=en
Via Largo Isarco, 2 Milano
ATLAS展 開催時間:10:00〜19:00 (月、水、木)、10:00〜21:00 (金、土、日)
バール営業時間: 18:00〜02:00 (定休日:火曜日)
*夏期休業: 8月1日〜23日

「ビストロ・アイモ・エ・ナディア」

ミシュラン星付きレストランとして長年ミラネーゼに愛されている店、「アイモ・エ・ナディア」のビストロがこの春オープンしてから連日満席の人気振りを博している。今回、2軒目となるビストロだが、2013年にボナロッティ通りにオープンした1号店を閉めて、この2号店が開店となった。スペースが拡大し、1号店にいた若手シェフに新たな若手シェフが加わった。ビストロとは言え本店と変わらないレベルなのは2号店も同じ。厳選された素材と絶対裏切らない美味しさに加え、この2号店は、とにかく内装がすごい。それもそのはず、お隣にイタリア一有名なデザインギャラリーを構える、デザイン界のカリスマ・マダム、「ロッサーナ・オルランディー」が 「エトロ」とコラボレーションしているのだ。地上階と地下階の2フロア、全てをロッサーナが手掛け、店内がギャラリーと化している。照明、テーブルウェア、家具に至るまで、ほとんどがギャラリーの商品なので、お隣へ行けば購入可能だ。マダムのギャラリーロゴ、「Ro」を、ビストロの最後2文字に掛け合わせているので、ビストロのロゴは「Ro」が赤くなっている。日本人デザイナーの作品も常時、いくつか抱えているロッサーナ、ビストロのインテリアは頻繁に変えていくので、行く度に新鮮で楽しめる。ミラノの最高の味と最高のデザインのマリアージュ、自信を持ってお勧めする。

ミラノPart-3

bistRo Aimo e Nadia
https://www.bistroaimoenadia.com/
Via Matteo Bandello, 14
定休日:日曜日
夏期休業:2018年8月12日〜21日

カシミアの老舗 「ロレンツァ・アントニアッツィ」フラッグシップ・ストア オープン!

1993年創業のウンブリアにあるカシミア・ブランドが、25周年となる今年の6月17日、スピーガ通りにフラッグシップ・ストアをオープンした。高級イタリアブランドとして、パリ、イビサ島、サンモリッツ、フィレンツェ、サンクトペテルブルグ、ソウルなど、国内外の主要都市や高級リゾート地で長年愛され続けてきたブランドだ。シンプルなデザインと上品なカシミアを中心に、春夏コレクションはシルクや麻などの天然素材も多く取り入れている。地上階と地下階、合わせて80平米の店舗には。オープン早々、顧客や観光客が次々と訪れ好調なスタートのようだ。冬物のお値段はセーター500ユーロ、パンツ400ユーロ。夏物は若干安く、更に今なら40% オフのセール開催中で大変お買い得。運が良いと、カシミアの風合いを保つバニラの香りのフラグランス・スプレー(非売品)をプレゼントしてくれる。衣料のほか、靴やバッグ、帽子まで、アクセサリーもトータルコーディネートできる。「ラッキー・スター」がアイコンのロレーナ・アントニアッツィ、この冬に1枚欲しいブランドだ。

ミラノPart-4

LORENA ANTONIAZZI
http://www.lorenaantoniazzi.it/
Via della Spiga 36
営業時間:火〜日曜日 10:00〜19:00
夏期休暇:未定 (恐らく8月15日の週、1週間)

サービス紹介はこちら管理プロパティ一覧はこちら